再診の方はこちら

〒330-0074
埼玉県さいたま市浦和区北浦和4-3-10
若松家ビル3F

TEL:048-834-0177

さいたま市の精神科,神経精神科,心療内科 イサオクリニック

物質依存

診療を受ける方へQ&A求人情報NEWS リンク集ドクターズ・ファイル
MOBILE SITE
HOME»  物質依存

アルコール依存

近年、お酒の消費量も増加傾向にあります。
お酒を飲むと記憶がなくなったり、お酒が抜けきらなくて集中できないなどたまにはあると思いますが、それが頻繁に繰り返され飲酒の量をコントロールできなくなりアルコールがなくてはならないものになりアルコールに依存してしまいます。
飲酒したい願望ややめなければとわかっていてもやめられない、アルコールが体の中からなくなると手の震えが止まらなかったり、眠れなかったり幻覚などが見えるようになります。
アルコールを長期的に服用したことによって、自分の身体もどんどん蝕まれて肝障害、胃潰瘍、神経障害なども合併症として引き起こす原因にもなりかねません。

TOP